【ドラゴンボールレジェンズ攻略】LL悟飯ビーストの性能を自分なりにざっくりまとめてみる

LL-gohan-beast ドラゴンボールレジェンズ攻略

タイトルの通り自分なりにLL悟飯ビーストの性能のまとめ記事をざっくり書いてみます。

どんなに強いキャラでもキャラ性能を把握してないとキャラの真価を発揮できませんからね。

自分なりにわかるようにざっくりと書いていますが読者の方々にも参考になれば幸いです。

メインアビリティ

  • 究極アーツカードドロー
  • 体力30%回復&気力50回復
  • 敵の被ダメージカット効果を100%マイナス
  • 自身のデバフ解除

さらに、戦闘不能なバトルメンバーがいると、

  • 敵のドラゴンボールを2つ減らす
  • 自身の与ダメ20%アップ(30カウント)

使用条件:25カウント経過後

Zアビリティ

限界突破★6で混血、劇場版、孫一族の基礎打攻、打防上げ、&混血サイヤ人の基礎射撃防御力上げ

ユニークアビリティ

バトル開始時、自身に以下の効果発動

  • ユニークゲージ100%増加
  • 与ダメ90%アップ(消去不可)
  • 被ダメ60%カット(消去不可)
  • 全アーツコスト5ダウン(消去不可)
  • ドロ速1段階アップ(消去不可)

場に出たとき、自身に以下の効果発動

  • 気力40回復
  • 与ダメ60%アップ(消去不可)(発動回数1回)
  • 被ダメ相性不利無効化(10カウント)(発動回数5回)
  • デバフ無効(10カウント)(発動回数5回)

さらに戦闘不能なバトルメンバーがいると、

  • 敵の手札をランダムで1枚破棄
  • 自身の体力を25%回復(発動回数3回)
  • 自身の被ダメ10%カット(消去不可)(発動回数1回)

さらに戦闘不能なバトルメンバーにピッコロまたはパンがいると特殊アーツカードを次にドローする(発動回数1回)

カバーチェンジ時

  • 敵の手札をランダムで1枚破棄
  • 敵の攻撃が打撃、射撃アーツだった場合、敵を遠距離まで吹き飛ばす(発動回数2回)(アシストアクション時発動可)

*打撃、射撃アーツ以外の攻撃にカバーチェンジした場合も発動回数消費、ただし無効化された場合、発動回数は消費されない

  • 追撃可能アーツは必殺アーツ

その他

敵が必殺、究極、覚醒アーツ使用時、自身の待機カウントを3カウント短縮

敵がライジング発動時、自身に以下の効果を発動(発動回数1回)

  • 体力30%回復
  • 自身の体力が0になったとき、一度だけ体力を30%回復(消去不可)

 

自身が場に出ているとき、自身がアーツカードを使用するたびに自身のユニークゲージが増加する。

ユニークゲージが最大値になると、自身に以下の効果を発動する。

  • 気力40回復
  • 与ダメ25%アップ(30カウント)
  • ドロ速1段階アップ(15カウント)
  • 敵の特殊カバチェン無効化(15カウント)
  • 究極与ダメ15%アップ(消去不可)

 

アーツカード

打撃アーツ

射撃アーマー特性

射撃アーツ

ヒット時、敵に「全アーツコスト10アップ」の能力低下効果を与える(3カウント)

必殺アーツ

ユニークゲージが最大時に使用するとユニークゲージ全消費し、

  • 必殺与ダメ60%アップ
  • バニシングゲージを70%回復
  • 属性相性不利を無効化(3カウント)

*突進時射撃アーマー

ユニークゲージが100%未満の場合に使用時

  • 必殺与ダメ30%アップ(3カウント)

特殊アーツ

ユニークゲージ最大時に使用時

ユニークゲージ全消費し

  • 敵の手札をすべて破棄(発動回数2回)
  • カード1枚ドロー
  • 気力50回復
  • 与ダメ40%アップ
  • 属性相性不利無効化(5カウント)
  • バニシングゲージ70%回復

ユニークゲージ100%未満の場合

  • カードを1枚ドロー
  • 気力30回復
  • 与ダメ30%アップ(10カウント)

究極アーツ

  • 敵の踏ん張り無効(3カウント)
  • さらに戦闘不能なバトルメンバーがいると
  • バニシングゲージ70%回復
  • 手札が3枚以下の場合、カードを最大4枚までランダムにドロー

 

以上ざっくり書いてみましたが、なかなかに盛りだくさんな性能なのがわかりますね。

性能を把握して使うのと把握せずに使うのとでは雲泥の差が出てくるのは当たり前ですね。

僕もまだあまり把握できていないのでこのキャラを使いこなせていません。

性能を把握するのは大変そうですが使いこなせれば現環境では最強の性能を誇っていることでしょう。

悟飯ビーストのオススメフラグメントやパーティについてはまた後日記事にする予定です。

 

今回の記事はここまでです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました