モンスト 6万円課金してまで手に入れた鬼滅の刃コラボの竈門炭治郎

モンスターストライク

抑えられなかった課金衝動

タイトルにある通り鬼滅の刃の主人公竈門炭治郎のために6万円要しました。

2.3万あたりで撤退しとけって思うのですが「ここまでやっといて引き下がるのもったいなくねえか?」

なんて意味不明な思考に陥ってしまったのです。

同レアリティの富岡義勇、胡蝶しのぶは3,4体ずつ出ていたので「そろそろ炭治郎も出るだろう」

なんて何の根拠もない期待を抱きながら。

そしていざ引けてもそれほど喜びはなく、

やっと課金を終われるという安堵感と後に必ずやってくるクレジットカードの請求額への恐怖だけが残る。

そんな状況でした。

課金を正当化

しかしいざ引けたものの「さて何に使おう?」という感じになり炭治郎を連れていけるダンジョンをググる。

順序が逆ですよね。

とりあえず炭治郎の試運転がてら英雄の神殿を「炭治郎、義勇、義勇、義勇」で周回。

英雄の実はとりあえず熱き友撃(特級)と同族加撃(特級)で妥協。

周回中炭治郎のSSが発動可能となったので撃ってみると、

「俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!」

か、かっこいい!!!と感動しつつ「これを聞けただけでも引いた意味あったな」と課金を正当化。

過去は変えられないが未来に生かそう

今回モンストに復帰したのは「鬼滅の刃」コラボがあったからであり

その主人公である「竈門炭治郎」はここで引いておかなければ2度と手に入らない。

そう思ったので課金衝動をおさえられなかったのでしょう。第2弾が来る可能性もなくはない。

ですが冷静になって振り返ると6万円出してまでゲームの電子データを手に入れる価値があったかと疑問に思います。

このキャラより優秀なキャラは超獣神祭などでも出るわけですし。

ですがこれをきっかけにモンストに復帰でき、今後は無理のない範囲でモンストを続けていこうという気になりました。

このコラボがなければ復帰していなかったと思うので。

これからはモンストと一番よくやっているパズドラの2つを主に発信を頑張っていこうと思います。



アフィリエイトのアクセストレード

コメント

タイトルとURLをコピーしました