【パズドラ】パズルが上達する方法をリサーチしてみた

パズル&ドラゴンズ

今回はパズドラのパズルが上達する方法についてリサーチした記事を書いていきます。

ちなみに僕のプレイヤー情報は

・ランク900

・通算ログイン日数:1800日超え

・王冠:17

ログイン日数に対して王冠数が少ないです。

というのもこの17という王冠の中のほぼ全ては

・ゼウスヴァースをリーダーにしたパズル力をほとんど必要としないタイム重視のランダン

・数さえこなせば誰でももらえるフィーバーチャレンジ

でもらった王冠です。

つまりパズル力でとった王冠は一つもないんです。

そこで今回はパズル力をどうにかして上げたいと思いこのような記事を書きました。

 

この記事を読むことで「パズル力を上げる方法」が分かると思います。

 

もくじ

・1、最初は「基本の型」を覚える

・2、慣れてきたら「特殊な消し方、配置」を覚える

・3、手の速さではなく頭の回転の速さが重要

 

1 基本の型とは

・平積み

 

 

 

 

 

 

・エルモア式

下から2段目まで平積み

その後端から縦に詰めて揃える

 

 

 

 

・半盤面(文字通り盤面の半分で組む組み方)

意識すること

・端から詰めて揃える

なぜなら中央から揃えると行き止まりになってしまうからである

・3で割った時余りの数のドロップを持つ

盤面にちょうど3の倍数の数あるドロップを持つと最終的にそのドロップが2個余ることになるから

2 特殊な消し方、配置

・段差

段差を組むとドロップがとどまるタイミングが増えて落ちコンが起きやすくなります

・落とし

離れているドロップを移動させる手間が減ります(上図 左盤面の火と水)

とにかくこれらを意識してパズルをしましょう。

脳死でパズルをやってても上達しません(体験談)

3.パズルを先読みする頭の回転の速さ

結局の所これが全てと言ってもいいと思います。

上級者と初心者の間でもドロップを動かすスピードにはそこまでの差はつかないでしょう。

ところが通るルートが見えているのといないのとではパズル速度に大きな差が出ます。

この頭の回転の速さを身につけるためには「基本の型」や「段差」、「落とし」などの

テクニック(本当はもっといっぱいあります)が自然にパズルに出るようになるまで日々努力することです。

僕も偉そうなこと言えませんけどね。

僕はパズル力で王冠が取れるように(特に固定杯)がんばります。

パズルがうまくなるとパズドラももっと楽しくなるでしょうからね。

以上です。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

最後に僕のオススメの書籍を紹介。

みなさんも多分もう知ってるかな。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チーズはどこへ消えた? [ スペンサー・ジョンソン ]
価格:921円(税込、送料無料) (2020/5/3時点)

楽天で購入

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました