ウイニングイレブン2021 僕がCFにプレーエリア幅制限をつけない理由

winningeleven2021 ウイニングイレブン2021

にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村

はじめに

ウイイレ2020でクロップ監督の3CFが流行ったことのは中央を崩すのが最近のウイイレで流行っているからだとおもいます。

それにより今作流行りのフィッシャー監督の2トップにプレーエリア幅制限をつけて中央を崩すのがやはり主流のようです。

ひねくれ者の僕はあえてこれをしていません。

この理由をこの記事で書きます。

僕がCFにプレーエリア幅制限をつけない理由

ドリブラータイプのCFがサイドで相手DFと1対1ができる

僕はこの前のCSガチャで運良くムバッペを引くことができました。

ムバッペだからできるのかもしれませんがサイドに流れてボールを受ける動きから相手DFと1対1を仕掛ける動きがなかなか有効だと思っています。

実際に僕がプレーしている動画がこちら

1得点目のPKを獲得したシーンはかなりイメージ通りでした。

ダブルタッチ持ちのCFで最も突破力があるのがこのムバッペでしょう。

ダブルタッチは今作も使えるテクニックだと思います。

またゴールにはなりませんでしたが動画の6分38秒からの流れも良かったです。

最後はムバッペ自らシュートまで行けています。

入っていればもっと良かったですが・・・。

サイドの方がボールキープがしやすい

当たり前のことですが中央よりサイドのほうがボールをキープしやすいです。

中央だと潰されてもサイドなら潰されずに味方の上がりを待てる。

これにより攻撃に厚みをもたせられます。

動画内では2分30秒のところでロナウドがやっています。

これによりアンカーの選手まで攻撃時に上がってきています。

動画内でははあまりうまくないです。

ゴメンナサイ。

最後に

でもやっぱりうまい人達はつけてる気がします

うまい人達は中央でもCFでボールキープができるのでしょう。

僕みたいな雑魚はそうも行かないのでサイドに逃げてますが。

できるなら中央でキープできたほうがいいでしょうね。

今作はSBを使わざるを得ないこともあり時間を作れればSBも攻撃参加できますし。

ただこの記事で書いたこともなにかの参考にしていただけたら幸いです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

いつものごとく愛用のゲームキャプチャーHD60 Sの紹介。

かなりコスパの良いキャプチャーボードだと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました